沖縄海洋新産業シンポジウム2016

構成団体の(一財)沖縄県環境科学センターから
シンポジウム開催のご案内です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

沖縄海洋新産業シンポジウム2016のご案内

開催日時:平成29年2月12日(日)午後1時~午後5時

会  場:沖縄県市町村自治会館2階ホール

入 場 料:参加無料・事前予約制

基調講演「沖縄近海における海洋鉱物資源の現況」(仮題)
    JAMSTEC海底資源研究開発センター長 
理学博士 木川 栄一 氏
    
「海洋鉱物資源開発技術」(仮題)
     JOGMEC金属資源技術部 海洋資源調査課長
     栗原 政臣 氏
パネルディスカッション・オープンセッション
「おきなわの海洋資源と海洋新産業の創出」(仮題)

ファシリテーター 東海大学海洋学部教授
経済学博士 山田 吉彦 氏

同時開催「海洋新産業企画展」

主催 沖縄県

協力 JASDAC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)
   GODAC(国際海洋環境情報センター)
   JOGMEC(独立行政法人石油ガス・金属鉱物資源機構)

申し込み方法:別添の案内チラシにスマートフォン用のQRコード有り。

お問い合わせ 沖縄海底資源産業開発機構・国建・沖縄県環境科学センター共同企業体
E-mail:sympo2016@osr.or.jp 事務局:090-1945-1118

s-海洋新産業シンポ表面

s-海洋新産業シンポ裏面

エネルギー使用合理化シンポジウムのご案内

内閣府沖縄総合事務局からシンポジウム開催のご案内です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

例年実施しております「エネルギー使用合理化シンポジウム」を今週、
2月3日(金)に開催いたします。

今回のプログラムは下記のとおりですが、前半は、エネルギー政策の動向に関する講
演のほか慶應義塾大学大学院特任教授である小林光氏の環境経営についての基調講演
があります。
後半は、社内で省エネ提案を行う際の方法などについて、パネリストとなる事業者の
事例などを基にディスカッションいたします。
政策動向から省エネ取組事例まで、幅広く参考にして頂けますと幸いです。

-=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=
★ 平成28年度 エネルギー使用合理化シンポジウム
–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–

■日 時:平成29年2月3日(金)13:30~17:00
■場 所:沖縄県立博物館・美術館3階 講堂
     (〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1)
■定 員:200名程度
■参加費:無料

■プログラム:
 ①開会挨拶 内閣府沖縄総合事務局 経済産業部長 寺家 克昌

 ②講演 「省エネルギー政策の動向について」
      経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー課

 ③基調講演「家庭・企業・自治体・大学等の省エネ・環境経営」
      慶應義塾大学大学院特任教授 小林 光 氏
 ④休憩

 ⑤パネルディスカッション
  ~省エネ提案の実現化のための具体的なノウハウ・スキルとは~
  ○コーディネーター:大庭みゆき 氏
           ((株)環境エネルギー総合研究所長(工学博士))
  ○パネリスト:小林 光 氏(慶應義塾大学大学院特任教授)
         国立大学法人 琉球大学
        (エネルギー管理優良工場等沖縄総合事務局長被表彰者)
         特別養護老人ホーム 愛誠園
         資源エネルギー庁 省エネルギー課

◆詳細・申込(インターネット、FAX又は、メール申込)はこちら
 →沖縄総合事務局経済産業部サイト
  http://ogb.go.jp/keisan/3353/015554.html
  ※添付ファイル(チラシ兼申込用紙)も併せてご参照ください。

【お問い合わせ先】
 運営事務局(受託事業者)
 株式会社環境エネルギー総合研究所
 TEL:0120-010-331、FAX:0120-627-718
 mail:info@eer.co.jp

合理化シンポ裏面

s-合理化シンポ表面

水素エネルギーセミナーの案内チラシ及び申込書が完成!!

1月13日にご案内した水素エネルギーセミナーの案内チラシ及び申込書が完成しましたので掲載します。
将来の水素社会実現に向けての勉強会となります。多くの皆様のご参加をよろしくお願いします!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
水素エネルギーセミナー開催要項
 現在、地球温暖化問題、資源・エネルギー問題からこれまでの化石燃料に依存した社会からの脱却が求められています。
水素エネルギーの活用は、その鍵の一つであり、国においても「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を発表するなど、
水素社会の実現に向けた施策が展開されることが予想されます。
 今回のセミナーでは、来るべき水素社会の概要と、水素社会を実現する上で必要な「製造」、「貯蔵・輸送」、「利用」のうち、
主として「貯蔵」に焦点をあて、沖縄にあった水素の貯蔵方法の紹介、沖縄型の水素社会について、ご紹介をします。
〇開催日時
 平成29年2月7日 14:00~15:00(13:30受付開始)
〇開催場所
 沖縄産業支援センター 会議室大(那覇市字小禄1831番地の1)
〇主催 沖縄県地球温暖化防止活動推進センター/(一財)沖縄県公衆衛生協会
〇当日プログラム
 開催挨拶   14:00~14:05
 プログラム1 水素エネルギーの利活用と社会実装の方向性  14:05~15:25
 講師 筑波大学 システム情報系 構造エネルギー工学域 
  教授 石田 政義 氏
 休憩     15:25~15:35
 プログラム2 沖縄での水素の貯蔵について 15:35~16:35
 講師 琉球大学 理学部海洋自然科学科化学系 助教 中川 鉄水 氏
 質疑応答   16:35~17:00
〇申し込み方法
 担当 若林e-mail(別添参照) もしくはFAXにて、氏名、所属団体名、連絡先を記載しお申し込みください。

s-水素エネルギーセミナー_案内チラシ_裏_k

水素エネルギーセミナー_案内チラシ_表_k

なごサイエンスフェスタ2017~入場無料~

構成団体の(一財)沖縄県公衆衛生協会(ALLやんばるまなびのまちプロジェクトメンバー)から
イベントのご案内です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なごサイエンスフェスタ2017~入場無料~

「科学」ってむずかしいの?
ううん、そんなことないよ!
みんなで「カガクあそび」しよう!
ふしぎで楽しい体験がいっぱいだよ♪

日時:2017年1月28日(土)
10:00~16:00(最終入場時間15:30)

場所:21世紀の森体育館(名護市)

主催 (公財)沖縄こどもの国、(公財)日本科学技術振興財団・科学技術館
共催 名護市教育委員会、ALLやんばる学びのまちプロジェクト

問い合わせ (公財)沖縄こどもの国 電話098-933-4190 

※別添の広報チラシをご参照ください。

s-サイエンスフェスタ2017広報

第2回 おきなわ水環境セミナー開催のご案内

構成団体のNPO法人おきなわ環境クラブからセミナーのご案内です。
多くの皆様のご参加をよろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2回 おきなわ水環境セミナー開催のご案内】

平素より、NPO法人 おきなわ環境クラブへのご理解・ご協力を賜り、ありがとうございます。
当クラブでは、研修・セミナーを通じた水環境や水資源についての普及啓発事業や、身近な
水辺環境を活用した体験学習プログラムの実施に取り組んでおります。
この度、途上国における廃棄物処理の課題を知り、それらの課題を通して沖縄の現状を
見つめなおすことを目的にセミナーを開催することとなり、廃棄物の専門家として国際機関に
長く携わっておられる講師をお迎えいたします。
 水環境保全や廃棄物問題などに興味をお持ちの方々のご参加をお待ち申し上げます。

≪セミナー詳細≫
日 時:平成29年2月6日(月)14:30~16:00
場 所:JICA沖縄国際センター ニライホール3階多目的室
(沖縄県浦添市字前田1143-1)https://www.jica.go.jp/okinawa/

講 師:天野 史郎 氏
(独立行政法人国際協力機構(JICA)国際協力専門員)
≪経歴≫ 
25年間建設業に携わり、2000年にJICA廃棄物専門家として
サモアの地域国際機関である太平洋地域環境計画事務局に赴任、
2004年~2005年に広域企画調査員(環境)としてパラオに赴任。
2005年からJICA国際協力専門員として主にアジア太平洋及び中南米を担当。
2011年~2016年まで大洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクト
チーフアドバイザーを兼務し現在に至る。
  
演 題  「途上国の現状から 廃棄物処理の原点を見つめる」
申込み  別添の申込書にご記入のうえ、メールもしくはFAXにてお申込みください。
問い合せ  NPO法人 おきなわ環境クラブ事務局
  TEL 098-833-9493  FAX 098-833-9473 (担当:矢野、平山)
  E-mail yano@npo-oec.com

申込書(おきなわ水環境セミナー)

s-第2回おきなわ水環境セミナー