クレヨンご提供のお願い

構成団体の(一財)沖縄県公衆衛生協会からのお知らせです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クレヨンご提供のお願い

クレヨン

短くなったり、使っていないクレヨンはありませんか?

7月30日、31日に沖縄コンベンションセンターで行われる
「第9回夏休みこども自由研究inコンベンションセンター2016」で
使わなくなったクレヨンから、新しいクレヨンを生み出す
ワークショップを行います。
そこで使用するクレヨンのご提供の協力をお願いします。

ご連絡をいただければ回収に伺います。
TEL:098-945-2686 FAX:098-945-3973
一般財団法人沖縄県公衆衛生協会
(担当:岸信・宮里)

フォーラム「宮古の挑戦 エコアイランドによる地域活性化」

沖縄国際大学 沖縄経済環境研究所からフォーラムの御案内です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

沖縄経済環境研究所叢書発刊記念フォーラムのご案内

 平素は当研究所の活動に、ご支援・ご協力を賜りまして誠にありがとうございます。
この度、当研究所の宮古島調査研究の成果をまとめました叢書の発刊を記念して、「宮古の挑戦 エコアイランドによる地域活性化」をテーマに、叢書発刊記念フォーラムを下記の通り開催致します。多くの皆様にご参加いただきたくご案内申し上げます。

フォーラム「宮古の挑戦 エコアイランドによる地域活性化」

日時:2016(平成28)年7月9日(土)13:00~17:00(終了時間は予定です)
場所:沖縄国際大学13号館301教室
その他:参加無料:申込不要
※詳しくは添付するチラシを御高覧ください。

~主なプログラム~
【開催挨拶】 
名嘉座 元一(沖縄経済環境研究所所長)

【基調講演】 
友利 克(宮古島市企画政策部部長)
「エコアイランド宮古島の取り組み」

【宮古調査メンバーによる報告】
新垣 武(沖縄経済環境研究所所員・沖縄国際大学教授)
「宮古島の日射状況と太陽光発電」

上江洲 薫(沖縄経済環境研究所所員・沖縄国際大学准教授)
「宮古島市における観光の環境化―環境保全とカーボン・オフセットの取り組み―」

呉 錫畢(沖縄経済環境研究所所員・沖縄国際大学教授)
「エコアイランド宮古島の挑戦とその可能性―低炭素型・地産地消の循環型社会を目指して―」

名城 敏(沖縄経済環境研究所所員・沖縄国際大学教授)
「宮古島市大神島の地質および転石について」

根路銘 もえ子(沖縄経済環境研究所副所長・沖縄国際大学准教授)
「宮古島市における電気自動車充電設備に関する考察」

前泊 博盛(沖縄経済環境研究所所員・沖縄国際大学教授)
「離島架橋の経済学~宮古島の地域振興と離島架橋効果の検証~」

【パネルディスカッションおよび質疑応答】
司会 前泊 博盛

【閉場17:00(予定)】

以上
==============================
沖縄国際大学 沖縄経済環境研究所
〒901-2701
沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1
電   話:(098)893-7967
ファックス:(098)893-8937
E-mail:leechr@okiu.ac.jp
==============================

提案公募型普及啓発事業の募集開始

平成28年度おきなわアジェンダ21県民会議 提案公募型普及啓発事業 募集開始(締切7月6日まで)

◇設定テーマ:➀地球温暖化防止(緩和策/適応策)➁生物多様性の維持促進 

◇事業内容:研修会、セミナー、調査研究、環境教育等(単なるイベント開催は不可) 

◇対象:NPO法人、ボランティア活動団体、企業のCSR推進部、環境委員会、青年部、女性部などの非営利活動とする。※構成団体以外の応募も可能ですが、採択後の加入が条件。

◇予算額:25万円の範囲内で1~2件採択。1提案 上限25万円

◇7月下旬に那覇市内でプレゼンテーション予定(15分程)8月初旬契約締結

※応募条件等の詳細につきましては、別添の応募要領をご参照ください。

お問い合わせは事務局 当真まで。TEL:098-945-2686 FAX:098-945-3973 E-mail:agenda21@koeikyo.com

2016提案公募型事業応募要項

提案公募型事業申請書類

Green Gift・沖縄 第4弾!川編!!のご案内

構成団体の一般財団法人沖縄県公衆衛生協会から親子向けイベントのご案内です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Green Gift・沖縄 第4弾!川編!! 山と海をつなげる“川”を知ろう!~水辺の生き物と水質を調べよう!~
【開 催 日】2016年7月18日(月:祝日)12:00~16:30(受付11:45)
【会   場】源河公民館及び源河川(名護市)
【講   師】高平 兼司(沖縄県公衆衛生協会事務局長)
【参 加 費】無料 親子50名(小学生以上:幼児要相談)
【申込締切】2016年7月11日(月)
【申込方法】Web(http://goo.gl/yw61es 又はQRコードから)、電話またはメール
■ 持ち物・服装 ■
動きやすく濡れてもよい服装(長袖、長ズボン、日よけ、蚊よけ)マリンシューズ(サンダル不可)、帽子、タオル、飲み物、着替え、箱メガネ・ゴーグル等。
【お問い合わせ先】
 (一財)沖縄県公衆衛生協会(担当:岸信、宮里)
 〒901-1202沖縄県南城市大里字大里2013
 TEL 098-945-2686/FAX 098-945-3973
http://www.koeikyo.com/index.html
kagaku@koeikyo.com

s-第4弾チラシ(表)

s-第4弾チラシ(裏)

2次募集:平成28年度 業務用ビル等における省CO2促進事業

環境省からテナントビルや地方公共団体で活用可能な補助金の御案内です。
(2次募集:平成28年度 業務用ビル等における省CO2促進事業)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地球温暖化対策の推進につきましては、平素より格別のご尽力を賜り厚く御礼申し上げます。環境省では、日本の約束草案の目標達成に向けて、業務部の大幅な温室効果ガス排出量の抑制を進めるため、平成28年度より業務用ビル等を対象とした補助事業「業務用ビル等における省CO2促進事業」を実施しております。このたび、本事業の2次公募を実施することといたしましたので、御案内いたします。

<事業概要>
本補助事業は、二つの事業から構成されています。
(1) テナントビルの省CO2促進事業:
低炭素化が進みにくい既存テナントビルの省CO2化を促進する。
(2) ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業:
先進的な省CO2型業務用ビル等(ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル))の実現と普及を目指す。

(2)の事業においては、地方公共団体(地方独立行政法人及び地方公営企業を含む)及び2,000平方メートル未満の業務用ビル等を対象としております。地方公共団体のビル(庁舎、学校、公共施設等)の新築又は低炭素化を視野に入れた改修を行う際には、当該事業を御活用下さい。

<二次公募実施期間>
6月下旬又は7月上旬より開始
詳細は決定次第、以下のホームページにて御案内いたします。

<本事業に関する問合せ先>
一般社団法人 静岡県環境資源協会:協会HP

詳細は添付の資料、及び本事業を執行する静岡県環境資源協会のホームページをご参照ください。

20160622162709_00002

20160622162709_00003

20160622162709_00001