沖縄伊藤園寄付金贈呈式

事務局からの報告です。

3月13日(月)14:00~ 株式会社沖縄伊藤園 お~いお茶「お茶で沖縄を美しく。」キャンペーン寄付金贈呈式

s-贈呈式画像

おきなわアジェンダ21県民会議は、この度、沖縄伊藤園様から昨年11月1日から12月31日までの期間中の「お~いお茶」製品の売り上げの一部50万円を頂くこととなり、贈呈式が沖縄県環境部長室(県庁4階)において開催されました。※3月16日の琉球新報27面に掲載

琉球新報掲載

沖縄伊藤園の川村 親 代表取締役社長から沖縄県環境部の大浜 浩志 部長に目録が手渡され、川村社長は「沖縄県内で販売されている『お~いお茶』は、沖縄伊藤園の名護工場で河川から取水して生産しています。河川の保全も大切なことなので、ぜひ、天願川での環境再生活動に活用してください。」と述べられました。

頂いた寄付金は、本県民会議の提案公募型事業の一環として構成団体のうるま市水と緑を考える会と取り組む、天願川の再生活動に活用します。

3月18日(土)13:30から天願川の再生と地域資源を考えるシンポジウム(参加無料)をいちゅい具志川じんぶん館で開催しますので、多くの皆様のご参加をよろしくお願いします。

s-再生シンポジウム表面

沖縄伊藤園様、どうもありがとうございました。

「さんごの海フェスタ」開催のご案内

沖縄県自然保護課から「さんごの海フェスタ」開催のご案内です。
石垣島出身のきいやま商店が作詞作曲した、サンゴ礁保全再生応援ソング
「1、2、サンゴ―!」のお披露目ライブもございます!
ご家族で楽しみながら学べる内容ですので、どうぞ奮ってご参加ください!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

沖縄県では、沖縄県サンゴ礁保全再⽣事業でのサンゴ群集再⽣の技術的成果を
広く周知するとともに、県⺠へサンゴ礁保全の推進を呼び掛けることを⽬的に、
『さんごの海フェスタ(沖縄県サンゴ礁保全再⽣事業成果発表シンポジウム)』を
開催いたします。沖縄県がこの7年間取り組んできたサンゴ礁の再生をお伝えします。

日時:2017年3月19日(日)13:00~17:00

会場:国立劇場おきなわ 大劇場

※近隣の駐車場は込みあいますので、公共交通機関をご利用ください。

入場料:無料

主催:沖縄県 後援:日本サンゴ礁学会保全委員会、沖縄県サンゴ礁保全推進協議会

特別講演「環境変化とサンゴ礁:保全地域活動への道筋」
     山野 博哉【国立環境研究所生物・生態系環境研究センター センター長】

みんなでサンゴクイズ!、サンゴ礁保全再生応援ソング「1、2、サンゴー!」お披露目ライブ

同時開催:モニタリング1000サンゴ礁調査紹介、サンゴ礁保全活動紹介、
高校生によるサンゴ礁保全普及アイデア発表、小中学生環境学習成果発表、
サンゴの森づくり活動紹介とグッズ販売、きいやま商店グッズ販売と
サイン会(購入者限定)

問い合わせ先
TEL:098-875-5208 カナイ、ヤマガ
URL:www.facebook.com/sangofesta

さんごの海フェスタ

『渋滞学』セミナー ~渋滞解消でCO₂削減~ のご案内

那覇市、那覇市地球温暖化対策協議会から渋滞学セミナー開催のご案内です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『渋滞学』セミナー ~渋滞解消でCO₂削減~

渋滞学セミナー

テレビ朝日系列「林修の今でしょ!講座」に出演
西成 活裕 教授(東京大学先端科学センター)

「渋滞」とは車の渋滞を連想しますが、見方を変えるとスーパーの行列や物流などの
混雑も「渋滞」と言えます。

車・人などの移動に関する混雑緩和、物流・生産の効率化など、「車・人・物流」の
流れをスムーズにする科学、それが「渋滞学」です。
「渋滞」のないスムーズな移動はCO₂排出削減にも役立ちます。
「渋滞」を科学的に研究するとともに、「渋滞解消」のために行った成功事例を解りやすくご紹介します。

日  時:平成29年3月13日(月)
開  場:午後2時 講演会:午後2時30分~5時
場  所:那覇市役所 12階 研修室
入場無料:どなたでもご参加いただけます。

☆会場の那覇市役所駐車場は有料となっております。
 ご来場の際は、公共交通機関のご利用をお願いします。

<お問い合わせ>
那覇市環境政策課
  地球温暖化対策推進グループ
電話098-951-3392
担当 新屋敷、上原

天願川の再生と地域資源を考えるシンポジウム

構成団体のうるま市水と緑を考える会からシンポジウム開催のご案内です。

なお、本シンポジウムは今年度の提案公募型普及啓発事業の採択事業となり、株式会社沖縄伊藤園「お~ぃお茶 お茶で沖縄を美しく。」プログラムの寄付金を活用して実施します。地域住民と行政が連携して取り組む河川の再生と活用がテーマですので、地域づくりの観点からも必見の内容です!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うるま市水と緑を考える会 創立20周年記念

天願川の再生と地域資源を考えるシンポジウム

日 時:3月18日(土) 13:30~17:00(13:00受付開始)
会 場:いちゅい具志川じんぶん館 大研修室
参加費:無料
基調講演:慶佐次川の自然再生事業と地域資源としての取り組み 
山城 定雄(慶佐次川自然環境再生協議会副会長)

シンポジウム
天願川再生と活用へチャレンジ
高平 兼司(座長:うるま市水と緑を考える会事務局長)

報徳川の活動事例
 崎山 正美(玉水ネットワーク副代表)

天願川清流まつりの今後のあり方
 照屋 勇(天願区自治会長)

天願川河口付近に生息する牡蠣の活用について
 田幸 正彦(石川漁協具志川支店長)

主催:うるま市水と緑を考える会(代表:又吉 弘)
共催:おきなわアジェンダ21県民会議
協賛:株式会社沖縄伊藤園
後援:沖縄県環境部、沖縄県中部土木事務所、うるま市、
うるま市自治会長連絡協議会、沖縄玉水ネットワーク、
天願デー実行委員会、天願川清流まつり実行委員会

問い合わせ先
うるま市水と緑を考える会
www.geocities.jp/urumamizumidori/
事務局 知念整骨院(知念 實)
電話・FAX 098-974-1821

s-再生シンポジウム表面

ビーチクリーン、紅型・カヤック体験の参加者募集

『島人サークルnecoボランツーリズム』からサンゴの日に実施する
イベント参加者募集のご案内です。

構成団体の沖縄県サンゴ礁保全推進協議会協賛事業で、サンゴ礁ウィーク2017
の一環です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビーチクリーン、紅型スライド&音楽「やどかりの夢」、カヤック体験参加者募集
3月5日サンゴの日に取り戻そうサンゴの海やどかりの砂浜

10:00 ビーチクリーンやどかりの夢&NECOツ-リズム
11:20 紅型スライド&音楽「やどかりの夢」
13:00 カヤック体験NECOツーリズム(要申込500円 定員20名)
13:00 紅型体験 虹亀商店(要申込1,000円 定員なし)

紅型染めバッグ作りワークショップは13時から15時まで随時受付
(制作所用時間約30分から1時間)体験代金1,000円(材料費、バッグ代金込み)
子供から大人まで体験可(未就学児は、大人の付き添いをお願いします。)
虹亀商店

カヤック体験500円濡れてもよい服装で「子供は保護者同伴」

日時:2017年3月5日 日曜日 10時~16時程度
ビーチクリーン 場所 知念岬西海岸 参加費:無料
持ち物:軍手、トング 小雨決行 当日WEB内FBで掲載
紅型スライド&音楽「やどかりの夢」と紅型体験「虹亀商店」はカフェなちゅら室内で開催
お問い合わせ、申し込み:島人サークルnecoボランツーリズム
 info@neco.mobi WEB www.neco.mobi 南城市知念久手堅405-5 TEL090-9120-1120たなか
県内県外からも観光とボランティアを楽しんでくれる方も募集中

s-ビーチクリーン紅型スライドチラシ